パート24・テクノロジストのDANI(ダニ)バスターズが書く


パート24・我が家のDANI(ダニ)対策| ネズミ(ねずみ)に寄生するダニの被害と知識 「DANI(ダニ)と言葉にするのもイヤ」・・・というのが DANI(ダニ)の被害に遭ったヒトの心情ですね。 いやいや被害に遭ったヒトならず、被害にまだ遭わないヒトも 全てのヒトもそうかも?・・・・ とはいえ、いざという場合に備えておくのは大切なことですよ。 被害に遭わないために、より効果的な対策をとるためには、 まず相手がどんな生き物なのかを知っておくことが大切です。 敵の生態を知れば、被害に遭わないですむかも?! DANI(ダニ)の被害No1はなんと言ってもネズミ(ねずみ)に 寄生するダニのイエダニの生態と特徴についてを次回に説明 します。 次回の我が家のDANI(ダニ)対策は・ まずは敵DANI(ダニ)の生態と特徴を知るべし!です ネズミ(ねずみ)DANI(ダニ)退治・駆除でのお困りの方 は次回もテクノロジストのブログを参考にしてください。 これからも業界の知られたくない、裏話をしますので 楽しみにしてください。 久しぶりに四方山話 今、テクノロジストの所に数多くのダニ被害の相談が連日 舞い込んできています、その一つにトリサシダニの被害が 多く見られるようになりました。 今の季節は特に、ムクドリが天井裏に巣を作りヒナが巣立つ頃、 被害に遭うヒトが増えますね、県南地方の某家で、大変な事に なっていましたね。 若い夫婦(親と同居)27~8歳の住んでいる家の天井裏に ムクドリの巣があり、その巣の有る部屋に大量のトリサシダニが ムクドリの巣から発生しヒトに吸血の被害をもたらしていて 若い夫婦の奥様は、ダニアレルギーと吸血によるストレスにて 夜も眠れなくなり、現在はノイローゼ気味で家に帰ろうとすると 気分か悪くなり、暗い気持ちになり鬱病で病院に通院中です。 原因が解らず、大変な事に成っていましたが、原因がムクドリの 巣がありダニが発生しダニアレルギーと吸血によるストレスが、 原因の鬱病でムクドリの巣を撤去し残効果の有る、ダニ用の薬剤 で処理するようにアドバイスをしただけで、気分が晴れたようです 処理が完了するまでは実家に帰ると言うことでしたね。 被害に遭う前に対処しましょうね。 ムクドリは前年の巣を再度再度利用しますので、天井裏で何か 音がする用でしたら、点検、調査、確認しましょうね。 ダニの被害は・・・?!考えるだけでも怖いですね。!!


0120-07-6464 FAX.029-305-0606

〒310-0851 茨城県水戸市千波町1436-6

ご注文は、お電話またはメールにてお申し込みください

Copyright 2017- DUSKIN TECHNO TERMINIX All Rights Reserved.