食品工場の有害生物防除№3


食品工場の有害生物防除の安全施工と食品工場で 使用する、殺虫剤の施工方法と種類  どの殺虫剤が自社の食品工場で使用出来るのか、どの 場所に使用して良いのか、どの様な使用方法で散布・塗布 等の処理方法が最適かまたは許されるのかを判断するには 明確な使用マニアルと基準を決めて判断する、殺虫剤使用 基準によって定義された殺虫剤の施工方法の違いをまずは 理解しることです。 殺虫剤の施工方法は残留殺虫剤と非残留殺虫剤のものとに 大まかに分類して考えることです。 残留殺虫剤の使用基準作成は日本食品安全協会等を参考に 自社の食品製造品の作業工程動線の遠い危険度が低く、汚 染地区の周りと、清浄地区とを完全に区別して考える事です ・残留殺虫剤の施工法法 一般的な処理は、個々の殺虫剤に対して、食品工場の特定の 場所にそれぞれの使用方法マニアルを作成し決められた場所 に処理します。 一般的な残留殺虫剤の処理は:壁・床や天井及び屋外の広い 面の施工法は、殺虫剤使用は食品と無関係の場所のみに許さ れ、その処理目的に使用出来きることです。 薬剤が、日本国内の食品安全協会や厚生省の登録がなされて いる殺虫剤のみの使用許可とする事です。 次回も食品工場で使用する殺虫剤の施工方法と種類です。 こう、ご期待してくださいね。


0120-07-6464 FAX.029-305-0606

〒310-0851 茨城県水戸市千波町1436-6

ご注文は、お電話またはメールにてお申し込みください

Copyright 2017- DUSKIN TECHNO TERMINIX All Rights Reserved.