食品工場の有害生物防除・No10


残留殺虫剤の使用・非食品区域、非製造区域と屋外区域の施工方法 1・上記の区域であれば、有害生物駆除剤のラベル表示に従い、一般的な薬剤処理、   局所的な処理を含め、クラック&クレバス処理などいずれの方法て゜も残留殺虫剤   を使用してもさしつかい有りません。 2・非残留駆除剤        非残留駆除剤の使用するのは、食品工場で一般的に許可されている施工方法は   いくつか有りますが、下記の施工方法を提案施工をオススメします。  ・飛来飛翔昆虫と露出された、徘徊性昆虫の駆除のための空間処理(ULV)等と、   直接又は接触噴霧です。  ・一定間隔でオート・ドライ・ミスト(ADM)噴霧されるように自動噴霧時間が設定さ   れた機器で、食品が製造されない時間帯や開封された食品が食品取り扱い施設   内に無くまたは、露室された食品食材が完全に密閉された容器に保管されている   場合に限っては、食品区域での使用しても良いです。  ・有害生物駆除剤のラベル表示に従い、非食品区域や非製造区域では、認可され   た非残留殺虫剤であれば操業中でも使用しても大丈夫です。 次回は(ネズミ駆除対策)殺鼠剤の施工についてです 乞うご期待下さい。  今日の出来事        先日3月7日のテレビでTBS噂の東京マガジンを見たよ       との電話が同業者や友人・以前施工したお客様から多くの       電話を頂きました。       以前依頼され施工したお客様から、家もやはり松永さんに       頼んで良かったですとの、感動のお電話も沢山あり、感謝       しております。 これからの仕事も益々楽しくなります。       ありがとうございました。


最新記事

すべて表示

食品工場の有害生物防除・No11

食品工場内の(ネズミ駆除対策)殺鼠剤の施工です 1・  食品製造工場の如何なる立地環境で有ろうと、どういう施設でどの程度の 程度であれ、食品工場の品質管理者または監督者や依頼契約している防 虫獣業者はネズミ類の棲息を重大な問題として捉えなければならないです、 食品製造工場の検査管理マニアルには「製造あるいは製造に関わる区域・ 製造室・原料保管区域・冷蔵庫や食品、食材が持ち運込

食品工場の有害生物防除・No9

残留殺虫剤の施工について 1・ 残留殺虫剤の施工 有害生物駆除防除剤の使用施工は、常に衛生管理と有害害虫獣の侵入を 防ぐ努力を行った後に、どうしても侵入が防げなかった場合のみに実施すべ きです。特殊な有害害虫獣の問題を抱えている場合は、工場の責任者、品質 管理者と協議の上、特別な条件下で、食品区域や非食品区域のどちらにも、 残留駆除用薬剤を使用します。   a・食品区域

食品工場の有害生物防除・No8

先進国での食肉や家畜肉工場での有害生物駆除剤の使用に関する規制は、 各国の農林水産省等で食品安全に関する法律や規則等をよく、熟読し不明 の点は確認をしてから有害生物駆除剤の使用をする。 食肉等の生産や加工工場は他の工場よりも規制、通達が各省や県によっ ては、通達が各省や県によっては別々で、異なった規制や、解釈の違い があり、駆除剤の全てが使用可能では有りません。 有害生

0120-07-6464 FAX.029-305-0606

〒310-0851 茨城県水戸市千波町1436-6

ご注文は、お電話またはメールにてお申し込みください

Copyright 2017- DUSKIN TECHNO TERMINIX All Rights Reserved.