食品工場の有害生物防除・No19


食品工場の有害生物防除 腐食昆虫類(コスヌストモドキ・ノコギリヒラタムシ・キマダラカッオブシムシ)成虫と 幼虫の生態行動と管理戦略 腐食昆虫類でよく問題になり、食品加工商品で問題に成るのが ヒラタコクヌストモドキやコクヌストモドキとノコギリヒラタムシ 同類のオオメノコギリヒラタムシ乾燥魚介類にキマダラカッオブシムシ 等が調味料素などに異物混入昆虫が問題に成りますね。 食品工場での防除方法は工場稼働終了後にヘパフィルター付の掃除機 で吸引が良いですね。薬剤処理ですと食品に殺虫剤・化学薬剤が混入 し、問題が発生しますので注意・注意ですよ。 吸引により昆虫のエサとなる、粉類の腐食や幼虫等の吸引により駆除 ・防除が可能に成ります。掃除機の中も毎日処理清掃しないと掃除機 の中で昆虫類が生息、繁殖している事が有りますので日々の心掛けが 一番の防除ですね。 腐食昆虫類はカビの臭いによって集合し繁殖しますので、清掃が大切 ですね。 次回は食品に集まる他のカッオブシムシなどの 幼虫と成虫の防除対策です。 毎日寒い日が続きますね。体調に気を付けて頑張りましょう。 今日私は、日曜日なので静養の為、一寸一休みです。 たまの静養日なので、たまには温泉でゆっくり、なども良いかも と思う寒い日々です。


0120-07-6464 FAX.029-305-0606

〒310-0851 茨城県水戸市千波町1436-6

ご注文は、お電話またはメールにてお申し込みください

Copyright 2017- DUSKIN TECHNO TERMINIX All Rights Reserved.