腸管出血性大腸菌感染症と診断された場合に家庭での主な注意点


   腸管出血性大腸菌感染症と診断された場合 家庭での主な注意点は以下の通りです。 水洗トイレの取っ手やドアのノブなど、菌の汚染されやすい場所を 逆性石鹸や消毒用アルコールなどを使って消毒する。 患者本人は、調理や食事の前及び用便後に流水(汲み置きでない水) で十分に手を洗い、逆性石鹸や消毒用アルコールで消毒する。 家族の者も食事前などは流水で十分に手を洗う。 患者の便を処理する場合(おむつの交換など)にはゴム手袋や使い捨 ての手袋などを用いる。ゴム手袋を用いた場合には使用後に消毒する。 また、おむつ交換による汚染の拡大を防止するため、決められた場所 で行う。 患者の便で汚れた下着は、薬品などの消毒(つけおき)をしてから、 家族のものとは別に洗濯する。また、煮沸をしても十分な消毒効果 があります。 患者はできるだけ浴槽につからず、シャワー又はかけ湯を使う。 患者が風呂を使用する場合は他の家族と一緒にはいることは避け、 乳幼児は患者の後に入浴しないように気を付ける。風呂の水は毎日替 える。バスタオルは、ひとりで一枚を使用し、共用しない等々です。 中国雲南省放浪記 トンパ文化の時代変化と後続車の不足 中国文化大革命の時代、時期に後続者が育っていなかったことが後続者が 不足した事が、トンパ文化衰退を決定的にし、トンパ継承者を不足させている のが現状で、トンパ文化の継承者が大変貴重な存在に成ってしまっているの が現状のようです。


0120-07-6464 FAX.029-305-0606

〒310-0851 茨城県水戸市千波町1436-6

ご注文は、お電話またはメールにてお申し込みください

Copyright 2017- DUSKIN TECHNO TERMINIX All Rights Reserved.