食中毒を防ぐ家庭での保存方法


家庭での保存  冷蔵や冷凍の必要な食品は、持ち帰ったら、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。 冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎに注意しましょう。めやすは、冷蔵庫や冷凍庫の7割程度です。 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に維持することがめやすです。 温度計を使って時々温度を計るとよいですね。 細菌の多くは、10℃では増殖がゆっくりとなり、-15℃では増殖が停止しています。 細菌が死ぬわけではありません。早めに使いきるようにしましょう。 肉や魚などは、ビニール袋や容器に入れ、冷蔵庫の中の他の食品に肉汁などがかからない ようにしましょう。 肉、魚、卵などを取り扱う時は、取り扱う前と後に必ず手を洗いましょう。 簡単なことですが、細菌汚染を防ぐ良い方法です。 食品を流し台の下に保存する場合は、水漏れなどに注意して下さい。 次回は微生物の繁殖を防ぐため料理の下準備についてです。 中国雲南省漫遊記は尖閣諸島の問題で少しお休みします。 残念です


0120-07-6464 FAX.029-305-0606

〒310-0851 茨城県水戸市千波町1436-6

ご注文は、お電話またはメールにてお申し込みください

Copyright 2017- DUSKIN TECHNO TERMINIX All Rights Reserved.