食中毒にならない為の食事について


食中毒にならない為の食事について - テクノロジストの一悟一慧

食中毒にならない為の食事と予防について 食事の前には手を洗いましょう。 清潔な手で、清潔な器具を使い、清潔な食器に盛りつけましょう。 温かく食べる料理は温かく、冷やして食べる料理は冷たくしておきましょう。 めやすは、温かい料理は65℃以上、冷やして食べる料理は10℃以下です。 調理前の食品や調理後の食品は、室温に長く放置してはいけません。 O157は室温でも15~20分で2倍に増えます。 乳幼児やお年寄りのO157などの腸管出血性大腸菌感染症は症状が 重くなりやすく、死亡率も高くなります。これらの年齢層の人々には 加熱が十分でない食肉などを食べさせないようにした方が安全です。 此から乾燥が続く季節はノロウイルスが感染症の75%がノロウイルスですので 食事前の手洗いと人混み等に行くときはマスクは絶対必要です、変え置きも 持ち歩くと良いですよ。


0120-07-6464 FAX.029-305-0606

〒310-0851 茨城県水戸市千波町1436-6

ご注文は、お電話またはメールにてお申し込みください

Copyright 2017- DUSKIN TECHNO TERMINIX All Rights Reserved.