食中毒予防するための調理法と温度


食中毒予防するための調理法と温度 調理法はいろいろとありますが、「ゆでる・煮る」は大体100℃、 「蒸す」は85~100℃、「炒める」は180℃、「焼く」は180~250℃、 「揚げる」は150~180℃程度と考えられます。加熱温度が100℃以上 でも、中心部の温度とは差があるので、注意が必要です。 カレーを加熱するときは特に注意が必要です カレーなどで、ウエルシュ菌による食中毒事例が多く報告されています。 粘性の高い食品の加熱では、表面が沸騰しているように見えても実際には 内部で対流が起こりにくく、温度が均一に上昇しにくくなっています。 均一に温度を上げるには、十分かき混ぜながら加熱する必要があります。 少しは参考になりましたか? 次回は加熱後の保存方法です。


0120-07-6464 FAX.029-305-0606

〒310-0851 茨城県水戸市千波町1436-6

ご注文は、お電話またはメールにてお申し込みください

Copyright 2017- DUSKIN TECHNO TERMINIX All Rights Reserved.