食品安全と殺虫剤・農薬


食品安全と日本の食料自給率 食品安全 どの新聞を見ても、どのテレビニュース番組を見ても必ずといって いいほど、中国から輸入冷凍ギョウザの薬物中毒事件ですよね。 原因究明がはっきりしないため、私たちも食品に対する不安が残り ますね、  今回の騒動で解ったのが日本の食料自給率低さの問題。 食料自給率とはそもそも、私たちが食べている食料のうち、 日本でどれぐらい生産しまかなわれているか表した割合です。 算出方法は、いろいろ有るようですがよく使われているのが次の カロリーベースという方法です。 良くニュース等で出てくる数字はこのカロリーベースで算出された 数字を使用したものが多いですね。 日本の食料自給率は、昭和40年度の73%から平成10年度には 40%と低下し、平成18年度の数値では39%です。 日本は食料の60%を海外に依存しているのです。 他の先進国は、フランス130%、アメリカ119%、ドイツ91%、 英国74%(いずれも2002年調べ)です、日本の食料自給率は先進 国の中で最低となっています。 今回の冷凍ギョウザ事件は、非常に大きな教訓になりましたね。 「自給率」、「内需拡大」、「地産地消」をもう一度考え直し、食品 の安全、安心に関する知識、しかも目に見える衛生管理が必要。 中国の食品加工場も衛生管理はシッカリしていましたね。 加工製品のトレーサビリティが出来ていたのはビックリでした。 ISOもシッカリしていたので企業存続が可能で良い宣伝に成ったかな 日本国内の食料製造工場でトレーサビリティが出来ている食品加工場 は実際は皆無ですよ。 第一部の上場企業でも、せいぜい5%位です。ビックリしますよ(?裏側は?) 日本の企業は書類はバッチリ揃えていますが、行動は全く伴わないですよ。


0120-07-6464 FAX.029-305-0606

〒310-0851 茨城県水戸市千波町1436-6

ご注文は、お電話またはメールにてお申し込みください

Copyright 2017- DUSKIN TECHNO TERMINIX All Rights Reserved.