HACCP制度化について

2018年6月に食品衛生法が改定され、HACCP制度化について交付されました。公布から2年以内に施工され、猶予期間が後、1年間です。2021年までには、HACCP対応のを進めて置く必要に迫ってきています。さて食品業界、飲食店や食品下降業界に関係する全ての業界にどんな影響が有...

食品残留農薬汚染食材の回収制度No14

これは大変な事です。 日本で最多用の除草剤「ラウンドアップ」に発がんリスク/IARC モンサント製 除草剤で販売量がホームセンターや農薬販売業者がダントツでトップの 売上の商品名ラウンドアップは発がん性非常に高いとの報告が世界保健機構 発表されました。 ...

食品残留農薬汚染食材の回収制度No13

食品残留農薬汚染食材の回収命令と自主回収の実例について 食品衛生法に違反した又はその疑いのある食品等について、 回収命令又は食品等事業者による自主回収が行われ、 厚生労働省食品安全部及び都道府県等食品衛生(局) が公表を行った事例は数が多く公表して掲載期間は、...

食品残留農薬汚染食材の回収制度No12

食品衛生法で定める農薬の残留基準を超えて回収命令について 昨年の1月に、金沢保健所から春菊から農薬の残留基準を超える 農薬の成分が検出され回収命令が出され集荷団体名が公表されて 食品衛生法第54条に基づき回収命令が出ています。 ...

食品残留農薬汚染食材の回収制度No11

食品残留農薬汚染食材の回収制度は「どんな食品等」が対象なのか  報告義務の対象となる食品等は、食品衛生法第4条に規定されている  次のような食品食材です。 ・  ・ すべての飲食物(医薬品及び医薬部外品を除く)    機能性食品等は対象になります ...

食品残留農薬食材の回収制度No-10

食品残留農薬汚染食材の回収制度は「どこに」、「いつ」、 「どんなことを」報告すればよいか。?  食品残留農薬汚染食材の自主回収制度で自からの判断で 回収を決定し実施した場合(行政の収去検査等での回収命令の場合は除く) 「どこに」報告すればよいか。? ...

残留農薬違反による食品等の自主回収-9

残留農薬違反による食品等の自主回収制度の報告は「だれ」に報告すればよいのか。 残留農薬違反による食品等の自主回収が義務付けられているのは、 食品、食材の取扱いをしている事業用の食材生産加工、調理、販売当の全事業者です。 特に以下に記載する事業者です ...

残留農薬違反による食品等の自主回収-8

留農薬違反による食品等の自主回収について 食品の生産加工、調理、提供した食材に基準以上(暫定基)の 農薬の残留が有る場合は、違反による食品等の自主回収制度 で回収することにより、行政に報告すると、回収命令から除外 ...

某食品メーカーの残留農薬に対するポジティブリスト制度対応No-7

某食品製造加工メーカーの食品に関する、安心安全の 対応の表示です。 製品の安全性は最も重要な事項であり、それを確保することは 倫理上の責務であると認識しています。 その理念に基づき、食品安全基準に適合した工場での製造や第三者 ...

残留農薬とは、食物に残った農薬のこと。No-6

農薬の残留基準は作物の種類ごとに定められている。 これは少量しか摂取しない作物と大量に摂取する作物とでは残留濃度が 同じでも体内に取り込む量が異なることや、調理の仕方によって取り除 かれる割合が異なることなどによる。 ...

食品中の残留農薬No-5

食品中の残留農薬について 食品衛生法では、農薬と飼料添加物や動物医薬品にも、 残留量が基準を超えてはならないと定められています。 残留基準は薬事法・食品衛生法の審議を受けて厚生労働大臣 が別に定めのない限り、ポジテブリストで定める残留基準は ...

食品衛生法における残留農薬No-4

食品衛生法における残留農薬・ポジテブリストの、 「一律基準」一部商品の対象外物質について 一部の商品に対象外物質が有り、農薬として使用され、 食品に残留した場合であっても、摂取したことにより 人体に影響を及ぼすおそれのないものについては ...

食品衛生法における残留農薬NO-3

食品衛生法における残留農薬・ポジテブリストと単位 食品衛生法における残留農薬   残留基準は厚生労働大臣が、食品の農薬使用する成分に規格が有り 799種の農薬等は、国際基準で設定された「残留基準」を超えて 残留する食品の流通を禁止されました。 ...

食品衛生法における残留農薬NO-2

食品衛生法における残留農薬  食品衛生法の残留農薬等に関するポジティブリスト制度とは、 厚生労働省の関係告示2003年の食品衛生法改正により、現在設定されています。 農薬、飼料添加物及び動物用医薬品・農薬等・の残留基準を見直し基準が設定 はされていませんが、 ...

食品中の残留農薬NO-1

中毒って、ウイルス菌だけではない、意外と残留農薬による中毒かも? 残留農薬が一般的に知られるようになったのは、和歌山県で起きた 夏のお祭りに出された、カレーの中に混入された農薬(ヒ素)でした。 カレー事件が始まりで、それまでは食中毒が発生すると、ウイルス性 ...

遊泳用温水プールの感染症予防

市民プール、民間のプール等のいわゆる遊泳用温水プールについては 衛生基準が設定されており、それに従い定期的に塩素濃度を測定して、 殺菌力が低下した場合には殺菌剤を追加するとともに、プールの水に 大腸菌が含まれていないかどうか調査しています。 ...

食品の表示法・機能性食品表示法が改定されました。

食品の表示法・機能性食品表示法が改定されました。 「食品表示法」施行、主要11項目変更 JAS法、食品衛生法、健康増進法の3法に分かれていた表示ルールを 一元化した食品表示法と、同法で規定する食品表示基準が4/1より ...

食中毒のリスクを大きくする要因

食中毒のリスクを大きくする要因 冷蔵庫、冷凍庫のドアを1分間開放すると、中の温度はなかなか元には戻りません。 開放時間を15秒間にとどめれば、短時間で元に戻ります。開閉は短時間にして、 中の温度上昇を防ぐことが大切です。 ...

食中毒予防、冷蔵庫の低温保存を過信の間違

冷蔵庫の低温保存を過信の間違 低温保存を過信しない   冷蔵庫で保存するとき    冷蔵庫では、食品の相互汚染を防ぎましょう。 肉や魚は冷蔵保管中にドリップが出て、カバーをしなます。 微生物は低温でも死滅しません。 ...

食中毒予防するための調理後の保存

<熱後の保存 穀類及びその加工品(チャーハンなど)ではセレウス菌 による食中毒事例が報告されています。 セレウス菌は耐熱性の芽胞を形成する細菌で、一度加熱した 食品でも、室温で放置されると耐熱性芽胞の発芽増殖が促進 されます。 ...